ニュースのまとめ情報局

2ch・5chのニュースに関するまとめサイトです

2ch・5chのニュースに関するまとめサイトです

2018年11月

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/30(金) 16:56:11.17 ID:CAP_USER9
15cmはあろうかというキラキララメの厚底ブーツにミニスカートがまぶしく、人形のような色白肌にぱっちりとした目がかわいらしい。

 彼女は20才の人気アイドル・戦慄かなの(20才)。現在は大学生活と芸能活動の二足のわらじで多忙な日々を送る。ハタチになった感想を聞くと、大きな目を見開き、会心の笑顔で答えた。

「やっと保護観察がとれてうれしいです!」

 保護観察? そう、彼女は少年院上がりのアイドルなのだ。

 10月18日、バラエティー番組『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演すると、一気に注目の的となった。少年院出身という異色の経歴に加え、壮絶な半生を淡々と語り、大物相手に物おじもしない。

「相手の人さし指を噛んで性格を当てる」という特技を披露し、マツコ・デラックス(46才)の太い指をガリガリと噛んで、「修羅くぐってる!」と一言。スタジオをあ然とさせた。

11月18日には『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。テリー伊藤(68才)から同じくゲスト出演していた“みちょぱ”こと池田美優(20才)と
「どっちがけんか強いの?」とけしかけられ、「じゃあ楽屋でやり合いますか?」と応戦した。

異色すぎるアイドルの出現は、「あの子、何者!?」「ヤバイ!」「少年院から大学って、どうやって入った?」など世間に大反響が巻き起こっている。

彼女は一体何者なのか。なぜアイドルを志したのか──20才の本音を聞いた。

取材会場に1人で来ると、早口気味に「最近、急に忙しくなって、今日もこのあと別の取材があって…。
せっかく妹と2人暮らしを始めたのに全然家に帰れないんです」と説明し、控え目な笑顔を見せた。そしてその笑顔のまま、両親の離婚、虐待、JKビジネスを語った。

◆母の虐待と飛び降り自殺

生まれは大阪。幼少期に両親は離婚し、母と2才下の妹と3人、東京に移り住んだ。

「小さい頃のことで記憶に残っているのは、母が父に暴力をふるい、血まみれになった父が壊れた家具をガムテープで修復する姿です。
父は優しかったけれど、私が小学校に入ったときに離婚して出て行ってしまった」(かなのさん・以下同)

それまで家事を担っていた父がいなくなり残された姉妹を待っていたのは母からの虐待だった。頻繁な暴力で姉妹のお尻にはミミズ腫れが絶えなかった。

「ある時、母が私たちを置いて恋人と海外に出かけ、1週間家を空けたことがありました。
用意されていた食事は3日でなくなり、水道水で飢えをしのいだこともあります。
ただ、そんな状況でも、当時虐待されているという認識は私にはなかったんです。
母は私を殴っても数時間後には『ごめんね』ってハグしてきたし、普通の母子よりスキンシップは多かったかもしれません」

滑らかな口調が一瞬、淀む。手入れの行き届かない髪に、いつも同じ服装。中学校に入るといじめの標的になった。

「今思えば、毎日の入浴や歯磨き、着替えなど基本的な生活習慣も教えられず、汚く見えていたのだと思います」

中学2年生の時には校舎から飛び降り自殺を図ったが、一命をとりとめた。学業もまったくついていけなかった。

「そもそも勉強のやり方を教えてもらったことがないから、何がわからないのか、わからない。授業中は音楽を聴き、テスト中は問題を見ずに50分ずっと寝てました(笑い)。
だって、見てもわからないことがわかってるから。なぜか国語だけはできたんですが、成績は中学の最後までずっとビリでした」

私立の高校に進学したが、学校にも家庭にも心安らぐ居場所のなかった彼女は犯罪に走った。

http://news.livedoor.com/article/detail/15671887/
2018年11月30日 16時0分 NEWSポストセブン

https://geinou-soul.com/wp-content/uploads/2018/08/55b0c87479ee346a4d191499cfbba407.jpg
https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/a/3/1140/img_a3e13694e94a7c954ba02c02421c69e7169654.jpg

【【芸能】少年院上がり・戦慄かなのが明かす壮絶過去、虐待とJKビジネス】の続きを読む

1: 豆次郎 ★ 2018/11/30(金) 18:14:39.35 ID:CAP_USER9
2018年11月30日 18時04分

朝鮮学校を運営する大阪の学校法人が、北朝鮮との関わりなどを理由に大阪府と大阪市が補助金を交付しなかったのは違法だと訴えた裁判で、最高裁判所は上告を退ける決定を出し、学校法人の敗訴が確定しました。
大阪府内の朝鮮学校を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」は、北朝鮮との関わりなどを理由に大阪府と大阪市が平成23年度の補助金合わせて1億円余りを交付しなかったことは違法だと訴えていました。

1審と2審は「学校の教育活動として朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会が主催した行事に参加した疑いがあり、補助金を交付する要件を満たしていなかった」などとして補助金を交付しなかったことは違法ではないと判断し、訴えを退けていました。

これに対し学校法人が上告していましたが、最高裁判所第2小法廷の鬼丸かおる裁判長は30日までに上告を退ける決定を出し、学校法人の敗訴が確定しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181130/k10011730071000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181130/K10011730071_1811301804_1811301805_01_02.jpg

【【最高裁判決】「朝鮮学校への補助金不交付 違法ではない」 大阪朝鮮学園 敗訴】の続きを読む

1: ばーど ★ 2018/11/30(金) 17:28:24.64 ID:CAP_USER9
東京都が運行する都営バスはことし4月に実施した今年度のダイヤ改正で全路線の3割近くにあたる36路線で減便を実施していたことが分かりました。この中には、都心の渋谷や池袋などを発着するいわゆる黒字路線も含まれていて、東京都は「常態化する運行の遅れを解消するための運転手の増員が難しいため」などとしています。

東京都交通局によりますと、ことし4月に実施した今年度のダイヤ改正では、全体の129路線のうち、3割近くにあたる36の路線でバスの運行本数を減らす「減便」を実施していたことが分かりました。

この中には、都心の渋谷と新橋の間や、池袋と浅草の間の路線など、いわゆる黒字路線も含まれていて、その数は15路線にのぼるということです。

その理由について東京都は、常態化している運行の遅れを解消することや、それに伴う運転手の増員が難しいことなどをあげています。

東京都ではこうした理由で平成28年度から減便を進めていますが、今年度のダイヤ改正での減便が最も対象路線が多くなったということです。

東京都交通局は「運行の遅れの解消を進めるにはさらなる運転手の増員が必要だが、難しいため、減便に踏み切らざるを得なかった。路線全体の3分の2が赤字となる中、黒字路線はなんとか維持したいと思いやりくりをしてきたが難しくなった」としています。

2018年11月30日 14時46分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181130/k10011729611000.html

【【東京】都営バス路線 全路線の3割近くにあたる36路線で減便 黒字路線でも 運転手増員できず】の続きを読む

1: ばーど ★ 2018/11/30(金) 16:39:51.50 ID:CAP_USER9
東京・足立区で今月29日、帰宅途中の女性が面識のない男から「下半身を触って欲しい」と懇願されたとして警察に110番通報があった。

不審な男が出没したのは29日午後4時半ごろ、足立区千住曙町の路上を自宅に向かっていた女性に、向こうから近づいてきた男が突然ズボンを下げてパンツの上から下半身を触りながら、「触って貰ってもイイですか」と鬼気迫る表情で話しかけてきた。

驚いた女性が叫び声を上げて逃げると、男はそのまま逃走したという。警察が公然わいせつなどの容疑で男の行方を追っている。

被害者によると男の年齢は20代、身長175センチ前後、痩せていて髪の毛は染めておらず、くすんだ水色のシャツを着ていたという。

現場は隅田川と荒川の間に挟まれた京成本線「京成関屋駅」近くの住宅街。

【問合せ先】千住警察署 ※電話番号はソース先でご確認ください

2018年11月30日 15時33分
ハザードラボ
https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/7/27433.html

【【東京】「触ってもらってもイイですか?」 ズボン下げパンツさすりながら、鬼気迫る表情で話しかける男/足立区】の続きを読む

1: サーバル ★ 2018/11/30(金) 15:34:09.07 ID:CAP_USER9
「労基署に行くぞ!」会社脅すモンスター社員が、日本に与える大損害
相談に乗る職員も困っている

何かあるとすぐに「労基署に告発するぞ!」と会社を脅す「モンスター社員」をご存知だろうか。彼らの暴走のせいで、本来守られるべき人々の権利が守られなくなっている。そればかりか、会社の採用方法にも悪い影響を及ぼしているのだという。

〔PHOTO〕iStock
労基署職員が「そんな人、辞めてもらえば?」

先日、著者が友人の中小企業の人事担当に聞いた話です。採用したばかりの若手社員に「入社前と話が違う。労基署に相談する」と言われたので、地元の労基署に、会社としてどこに問題があったのかを相談しに行ったそうです。

ところがそこのベテラン風の職員の第一声に、友人はとても驚きました。

「そんな人、とっとと手続き踏んで話し合って、辞めてもらった方がいいんじゃないですか?」

だったというのです。

労働者を守るはずの労基署の発言とは思えません。労基署でいったい何が起こっているのでしょうか。

まずは、友人の会社で起きたトラブルをおさらいしておきましょう。

新入社員が「入社前と話が違う」と言ったのは、会社のある方針に関してでした。その方針とは、営業職で採用した20代中盤の社員には、自社製品を知ってもらう研修の位置づけで週の半分は工場に勤務することを「当面」続けるというものです。

会社は、入社前に「製品を知ってもらうために、色々な仕事を経験してもらう」ということは話していたものの、工場に行くに通勤時間が30分長くなるということまで伝えられていませんでした。また、「当面」の期限を明確にしていませんでした。

30分という時間が長いか短いかは人それぞれでもありますし、「当面」というのが半年なのか3年なのか、それらがまた長いのか短いのかという判断も人それぞれだということを理解して、会社は事前にきちんと伝えておくべきでした。

これは、それなりに判断が難しいケースであり、労基署はきちんと話を聞くべきでした。しかし労基署の反応は冒頭申し上げた通り。

なぜ労基署はこうした対応をしてしまったのでしょうか。

その背景には、少しでも気に入らないことがあると「労基署に駆け込むぞ」と暴走する「モンスター社員」が増えているという事情がありそうです。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58699

【【労働】「労基署に行くぞ!」会社脅すモンスター社員が、日本に与える大損害】の続きを読む

1: nita ★ 2018/11/30(金) 15:00:07.01 ID:CAP_USER9
11/30(金) 12:31配信
朝日新聞デジタル

 私立市原中央高校(千葉県市原市)の男性副校長(61)が、修学旅行の引率で訪れた京都市左京区の旅館で泥酔して女湯に侵入し、放尿していたことが30日、同校への取材で分かった。副校長は辞表を提出した。経営する学校法人は処分を検討している。

 同校の説明では、副校長は今月23日午後6時ごろ、旅館で同僚の教員ら約10人と食事中にビールで乾杯し、自ら注文したハーフボトルのワイン2本や日本酒の4合びん1本の大半を飲んだ。自室で仮眠後の午後9時45分ごろ、泥酔した状態で隣の女湯に侵入し、洗い場で放尿した。生徒の入浴時間は9時半に終わっていたが、脱衣所では部屋着姿の女子3人が片付けをしていたという。

 修学旅行には3泊4日の旅程で2年生約250人が参加し、副校長が引率の責任者だった。この日が最後の夜で、同僚の労をねぎらおうと、副校長が自ら酒を注文したという。副校長は学校の調査に「泥酔していたため記憶が全くなく、のぞくつもりは一切なかった」と話したという。

 真板竜太郎校長は「生徒が楽しみにしていた修学旅行でこのようなことになり申し訳ない。学校全体の問題としてとらえて、深く反省している。再発防止に向け、職員の意識を改善していきたい」とコメントした。(中沢絢乃、松島研人)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000035-asahi-soci

【【千葉】私立市原中央高校の副校長、修学旅行で泥酔 女風呂へ侵入し放尿】の続きを読む

1: サーバル ★ 2018/11/30(金) 14:15:45.43 ID:CAP_USER9
「ネット流行語アワード2018」 今年話題になった言葉はこれだ!

ネット流行語アワード
いつもこの季節になると自由国民社さんによる「ユーキャン新語・流行語大賞」が話題になるが、ネットで流行ったスラングやネット用語を集めた流行語も数多くあるはず。

そんなわけでライバーネットでは「ネット流行語アワード」を実施したぞ。アンケートを実施し、今年の流行語を決めたところ次の様な結果になった。

1位:カルロス・ゴーン (341)
2位:モルゲッソヨ (254)
3位:日大タックル (232)
4位:山口メンバー (187)
5位:ウマル (149)
6位:吉澤ひとみ容疑者 (145)
7位:VTuber (141)
8位:漫画村 (125)
9位:だーいすき (114)
10位:#MeToo (83)
()は票数
解説

1位のカルロス・ゴーンは現在も騒動になっているルノーと日産の役員。流行語などでは上半期の言葉は忘れられがちで、下半期の言葉や現在盛り上がっている言葉が有利になる傾向にある。まさにそれが結果に出た感じだ。

2位のモルゲッソヨは意外にも上半期ながら大健闘。平昌オリンピック会場前に建てられていた銅像があまりにも話題になりネットでは即アスキーアートが作られ大盛り上がり。

3位の日大タックルはネットだけでなく世間も賑わせたタックル問題。加害者選手が会見を行い自ら命令されてやったことを告白。

4位の山口メンバーは、元TOKIOメンバーの山口達也が、同年2月に女子高生に対して強制わいせつを行った容疑で書類送検されたことが報道され、ジャニーズ事務所から無期限謹慎処分を受けた。会見の様子などがネットだけで無くマスコミでも取り上げられた。

5位はシリアの過激派組織に拘束された安田純平が「私は韓国人です、名前はウマルです」と名乗った際のもの。これ以来、ネット上では安田純平のことをウマルと呼ぶことが多くなった。

11位以下は、クッパ姫、ギガが減る、カメラを止めるな!、メガネ先輩、BTS、syamu復活となっている。

順位と票数内訳
(ネット流行語アワード2018のアンケートは2回実施し、それぞれの結果をあわせた上で最終的な順位を決定しております)

https://livernet.jp/a/608
https://livernet.jp/wp-content/uploads/2018/11/ryuko_awa.jpg
https://livernet.jp/wp-content/uploads/2018/11/detail.jpg

【「ネット流行語アワード2018」 「ウマル」「VTuber」がランクイン 「syamu復活」「BTS」なども】の続きを読む

1: 記憶たどり。 ★ 2018/11/30(金) 12:10:03.97 ID:CAP_USER9
https://this.kiji.is/441072992498304097?c=39550187727945729

衆院内閣委員会は30日午前、皇太子さまが天皇に即位される来年5月1日と「即位礼正殿の儀」が行われる同10月22日を祝日とする特別法案を与野党の賛成多数により可決した。
今国会で成立する見通しで、祝日法の規定により来年4月27日から5月6日まで10連休となる。

採決に先立つ質疑で菅義偉官房長官は、祝日とする理由について「天皇の即位に国民こぞって祝意を表すため、これまでの立法例に倣った」と説明した。

来年5月1日と10月22日を祝日法が定める「国民の祝日」とし、祝日の間に挟まれた日は休日にするとの同法の規定を適用する。

【【法案】10連休法案、衆院委可決。今国会で成立する見通し】の続きを読む

1: ばーど ★ 2018/11/30(金) 11:37:31.05 ID:CAP_USER9
群馬県太田市で、茶髪のカツラをかぶり女性の下着を着て路上を歩くなどしたとして、23歳の男が逮捕された。

公然わいせつの疑いで逮捕されたのは、パチンコ店アルバイトの山口怜也容疑者。警察によると、山口容疑者は29日午前4時ごろ、太田市の路上で、女性用の上下の下着と黒いパンストを身につけ茶髪のカツラをかぶった状態で、自らの下半身の一部を露出するなどした疑いがもたれている。

通行人の男性から通報を受けた警察が、現場付近にいた山口容疑者を見つけ、現行犯逮捕した。

山口容疑者は調べに対し、「自分でやった」と容疑を認め、「1か月前くらいからやっていた。誰かに見られると興奮する」などと話しているという.

11/30(金) 10:32
日本テレビ系(NNN)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181130-00000028-nnn-soci

【【群馬】「見られると興奮する」 カツラに女性の下着、パンストで下半身を露出して路上を歩く パチンコ店アルバイトの男(23)を逮捕】の続きを読む

1: 豆次郎 ★ 2018/11/30(金) 10:23:42.99 ID:CAP_USER9
11/30(金) 10:17
 11月も30日が最終日。通常、季節が秋から冬に変わるこの時期に吹く「木枯らし1号」が、東京地方では39年ぶりに吹かないまま冬を迎える可能性が高くなっています。

 木枯らし1号は、「季節が秋から冬に変わる時期に初めて吹く北寄りの強い風」のことで、近畿地方では今月23日に吹いたと気象庁から発表されました。ところが、東京地方では、木枯らし1号の対象期間である「10月半ばから11月末」の間に、気象庁が定めた「最大風速8メートル以上の北寄りの強い風」が観測されておらず、11月最後の日の30日も、東京地方で強い風は予想されていません。

 気象庁によりますと、記録が残る1951年以降、東京地方に木枯らし1号が吹かなかった年は4回あり、30日にこのまま木枯らし1号が吹かなければ、1979年以来39年ぶり、5回目の記録となります。(30日08:26)

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181130-00000026-jnn-soci

【【秋から冬へ】「木枯らし1号」、東京は「吹かず」か(39年ぶり5回目)】の続きを読む

このページのトップヘ