ニュースのまとめ情報局

2ch・5chのニュースに関するまとめサイトです

2ch・5chのニュースに関するまとめサイトです

カテゴリ: 健康

1: ガーディス ★ 2018/12/27(木) 14:13:34.69 ID:CAP_USER9
2018/12/27 02:05
 富山県内で昨年に確認されたエイズウイルス(HIV)の感染者は10人となり、このうち5人は診断時に既に発症している「いきなりエイズ」と呼ばれる患者が占め、いずれも過去最多となった。26日までの県への取材で分かった。感染を知らずにいると、他人にHIVをうつす恐れがあり、県は啓発に力を入れ、感染の不安がある場合は検査を受けるよう呼び掛けている。

 県によると、2000年以降、県内でのHIV感染者・エイズ患者は年間1~7人で推移していたが、17年は前年の5人から10人に倍増し、初めて2桁となった。診断時に発症済の「いきなりエイズ」は、これまで05年の4人が最多だったが、17年は5人となった。

 全国の17年の感染者・患者は前年より59人少ない1389人で、11年ぶりに1400人を下回った。「いきなりエイズ」の割合は3割だった。

 県健康課によると、エイズはHIV感染から発症までに数年から30年程度の潜伏期間がある。HIV感染者は、エイズ発症前でも他人に感染させる恐れがあるため、感染者の増加を防ぐには、より早い時期に感染を確認することが大切になる。

 エイズは薬の研究が進み、今では感染しても薬を飲み続ければ発症を抑制できる。このため、エイズが死に至る病気ではないとの認識が広がり、かつての怖いイメージが薄れてきているという。

 県内の各厚生センターや保健所が行った検査件数はピークだった08年の962件から、17年は716件と減少している。

 こうした状況を受け、県は今年度から広報を強化した。新たに県ホームページにHIV啓発リーフレットを掲載し、公式ツイッターを活用した情報発信を始めた。今月1日の世界エイズデーには、啓発団体「L—KAT(エルカット)」による広報活動が高岡市のイオンモール高岡で行われた。

 県健康課の担当者は「早期発見は他人への感染予防に有効であり、引き続き啓発に努めたい」と話した。

https://this.kiji.is/450713671380845665

【【病気】「いきなりエイズ」が流行ってきている】の続きを読む

1: Toy Soldiers ★ 2018/12/20(木) 07:36:30.76 ID:CAP_USER9
 人工香料による健康被害を訴える人が急増しています。その原因物質は、年々種類と使用量が増え続ける合成ムスク類です。

 合成ムスク類とは、麝香(じゃこう)に似た香りを持つ人工香料の総称で、柔軟剤や芳香剤、ローション、脱臭剤、香水、化粧品などの身体手入れ用品や洗剤のような家庭用品でも広く使われています。

 麝香は古くから高級香料として利用されていましたが、20世紀初期に代替物の合成ムスク類が開発され多くの製品に使われるようになりました。
しかし、合成ムスク類のニトロムスクという物質には強い毒性があることが分かり、ニトロムスクに代わって、HHCB、AHTNなど「多環ムスク」と呼ばれる合成化学物質が開発され、現在に至っています。

 ところが今、このHHCB、AHTNの毒性が確認され大きな問題になっています。2005~07年に行われた熊本大学・佐賀大学の共同研究では、日本人の母乳や脂肪組織に合成ムスク類の「HHCB」と「AHTN」が蓄積していることが明らかになっています。
生活排水などから水、大気中にも合成香料が排出され蓄積し、新たな環境汚染物質として問題となっています。

 世界市場で流通している合成香料は約500種類、そのうち日本では約320種類を製造しているので、真剣に考えないといけない問題です。

 しかし、大手メディアは合成ムスク類で健康被害が続出していることを大きく取り上げません。
P&G、花王、ライオンといった大スポンサーの顔色を窺ってのことなのは明らかです。
各メディアはなぜ、合成ムスク類による健康被害、いわゆる「香害」が起こるのかを報道する責任があると思います。


近隣の柔軟剤で体調不良になる人もいる

 相談窓口への訴えに共通するのは頭痛、吐き気、めまい、味覚障害などが持続して生活が困難になっているというもの。
「隣人の洗濯で使用する柔軟剤で苦しんでいる。管理人を通して使用をやめてもらえるよう頼んだが埒が明かない」、
「他人の柔軟剤の香りで息ができなくなり、吐き気もある。耳鼻科にいっても治療ができないといわれ、精神科に行きなさいといわれた」など、香害は個人の好みの問題とされる傾向が強いようです。

12歳以下の子どもの健康被害を真剣に考えるべき

 さらに報告で深刻なのは、小中学校、幼稚園でも「香害」が発生していることです。今、子どもでも男女を問わず、制汗剤を使うのは当たり前だといいます。制汗剤は合成ムスク類で強い香りを出したものがほとんどです。
そのため、「教室中に匂いが広がって倒れそうになる」という声が、生徒だけでなく、学校職員からも「香害110番」に相談寄せられています。

 12歳以下の子どもは化学物質に対して感受性が高く、簡単にアレルギー反応を引き起こしてしまいます。
合成ムスク類などの香り物質は目には見えませんが、揮発しやすい小さな分子です。
空気中をただよい、鼻の奥にある嗅覚細胞に付着し、私たちはにおいを感じることができます。
そして、その分子は呼吸によって体内に取り込まれ、また皮膚からも体内に吸収され、子供たちのぜんそくやアトピー、各種アレルギーなどに大きく関与しているのです。

 また、子どもの時から、合成ムスク類に曝されていけば蓄積量も多くなり、将来、健康被害を受ける可能性も否めません。

抜粋
以後ソース
https://wezz-y.com/archives/61964

【【柔軟剤被害】柔軟剤や芳香剤による被害が急増 テレビは大スポンサーの「香害」に切り込むべき】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/12/09(日) 10:32:33.69 ID:ODRaBuiQ0 BE:323057825-PLT(12000)
子宮がない女性に第三者から移植して妊娠・出産につなげる「子宮移植」の国内実施について、日本医学会が検討委員会を設け、倫理面や安全性などの課題を検討することが決まった。
親族間の子宮移植の臨床研究を目指す慶応大から計画の提出を受けていた日本産科婦人科学会が8日、日本移植学会と合同で医学会に申し入れたことを明らかにした。

 子宮移植については、検討課題が多岐にわたることから、生殖医学や周産期医療、小児科などの専門家も加えた体制で、指針作りなどの検討を近く始める。
日本の臓器移植法は脳死を含む死者からの子宮提供は認めていない。このため、検討委ではまず生体間での移植を議題とする。

 子宮移植は心臓や肝臓のように生命維持のためではなく、出産目的で臓器を移植する倫理的問題が指摘され、免疫抑制剤の長期使用による胎児への影響など不明な点もある。

子宮移植是非、日本医学会が検討委 倫理面や安全性を議論
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-1208m040155/

【【不妊対策】死者からの子宮移植、出産へ 日本医学会が実現検討】の続きを読む

1: ばーど ★ 2018/11/26(月) 12:23:26.13 ID:CAP_USER9
11月26日は語呂合わせで「いい風呂の日」。ところが、入浴中に溺れて亡くなった高齢者はおととしは4800人余りと、ここ10年で最も多くなっていて、消費者庁はそれぞれの家庭で事故防止につとめるよう呼びかけています。

消費者庁によりますと、入浴中に溺れて亡くなる事故は、例年寒さが本格化する12月から2月にかけて増える傾向にあり、おととし1年間には全体で5228人が亡くなり、このうち9割にあたる4821人が高齢者です。これはここ10年で最も多く、交通事故の犠牲者数を上回っています。

溺れた原因としては、急な温度差で心臓などに負担がかかる「ヒートショック」によって気を失ったり、お湯につかったあと、立とうとして貧血を起こしたりするケースが指摘されています。

消費者庁は入浴前に脱衣所や浴室を暖め、お湯の温度は41度以下に設定したうえで10分以上つからないよう心がけるとともに、家族と同居している人は入浴する前に一声かけて見回ってもらうなど、それぞれの家庭で事故防止につとめるよう呼びかけています。

消費者庁の岡村和美長官は「自分は元気だから大丈夫などと過信せず、本人だけでなく家族や周囲の人も一緒に注意するようにしてほしい」と話しています。

2018年11月26日 5時07分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181126/k10011723051000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

【【11月26日】きょうは「いい風呂の日」 増える入浴中の事故 注意呼びかけ】の続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/25(日) 13:37:00.40 ID:CAP_USER9
今や普及率は70%を超え、生活になくてはならないスマホ。
みなさんは1日に何回スマホに触っていますか? 
コンサルティング事業大手のデロイト社のアメリカでの調査によると、アメリカ人の場合、1日に約47回も触っているといいます。

便座の10倍?

最近の研究ではスマホにはとんでもない量の細菌が付着していることが分かってきました。
サウジアラビアのキング・アブドゥルアズィーズ大学で2015年に行われた研究によると、105人の医学生のスマホから多くの細菌が検出され、医療行為中のスマホの使用を制限するよう提言しています。

http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/d/5dccd_1615_866e23c2776d65c71e15999834021ed6.jpg

また、2017年のエストニアのタルトゥ大学での高校生を対象にした調査では、スマホに約1万7000個もの細菌が付着していました。
この細菌の量は、便座の約10倍にあたります。

スマホの除菌は必要?

しかし、汚れているからスマホを消毒しなければならないかというと、そうでもないようです。一体なぜでしょうか。
医師で「日本うんこ学会」会長の石井洋介先生に話を伺いました。
「手やスマホに付着している菌のほとんどは無害です。人間は常在菌と呼ばれる菌と共生しています。
スマホに限らずテーブルやイスなど、日常的に触れるものには人間の常在菌が付着していますが、これらは一般的には毒性をもたないのです」(石井先生)
それでも、外で操作することも多いスマホは、空気中のウイルスが付着したり、汚いものを触った手で操作するなどして危険な菌を付着させる可能性はないのでしょうか?
「確かに、有害な細菌やウイルスが全くいないわけではありません。
これからの季節、特に気を付けたいのはインフルエンザウイルスとノロウイルスです。
インフルエンザウイルスは、感染者の咳などの飛沫などで感染します。
また、ノロウイルスは糞口感染といって、便から感染します。これらが手やスマホに付着しないようにする必要はあるでしょう」(石井先生)

簡単な除菌方法

その場合、どんな対策をとれば良いのでしょうか?
「こうした感染は、インフルエンザ感染者がマスクをしない、ノロウイルス感染者がトイレを使った後に消毒をしないことなどが主な原因になっています。
感染予防にはまずは感染者(あるいは感染の可能性がある人)に感染予防策をしてもらうのが一番です。
インフルエンザ患者の場合は、マスクをして、こまめに手洗いやうがいをすること。
ノロウイルス患者は、便を流すときはトイレの蓋を閉めて流すことで便に含まれるウイルスの飛散を防ぎ、
また流した後にきちんとトイレを掃除することが求められます」(石井先生)
そもそもトイレでスマホを使用しないとか、アルコールで消毒するといった対策は有効なのでしょうか?
「トイレでスマホを使用しないのは良いと思います。しかし、スマホの画面をアルコール除菌して除去できるのは常在菌だけで、ノロウイルスなどには効果がありません。
ノロウイルスに対しては次亜塩素酸で消毒をする必要があります」(石井先生)これからの時季、
インフルエンザやノロウイルスの感染を防ぐためにも、トイレでスマホを安易に使用するのは控えた方が良いかもしれませんね。

http://news.livedoor.com/article/detail/15645260/
2018年11月25日 11時30分 ウェザーニュース

【“スマホ雑菌” ウイルス感染・細菌感染の危険性は? 約1万7000個もの細菌が付着 便座の10倍】の続きを読む

1: 水星虫 ★ 2018/11/22(木) 12:34:13.07 ID:CAP_USER9
医療ケア児18歳以降も受け皿を

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/20181121/6020002404.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

生きるためにたんの吸引などが欠かせない「医療的ケア児」について、支援のあり方を話し合うシンポジウムが上山市で開かれ、特に18歳以上では受け入れる施設が不足しているため整備が必要だといった指摘が相次ぎました。

医療的ケア児は、生まれつき、たんの吸引や人工呼吸器などが必要な子どもたちで県内では少なくとも120人いるとされています。20日は、上山市や福祉施設などで作る協議会がシンポジウムを開き、民生委員や障害者施設の担当者などおよそ20人が参加しました。

医療的ケア児が通う施設の職員などからは、日中、子どもたちを受け入れる施設の不足は深刻で18歳以上になるとさらに受け入れ先がなくなるため多くの親が自宅から離れた施設に送り迎えをしている現状が報告されました。

その上で、将来、親が高齢化すれば、自宅でケアを行うのが難しくなるとして入居ができるグループホームや短期間、宿泊できる施設などを整備していく必要があるといった指摘が相次いでいました。

参加した民生委員の男性は、「18歳以上になったら行き先がないというのは、親の気持ちを考えると何とかしなくてはいけない課題だと思いました」と話していました。

11/21 09:50

【医療ケア児、18歳児以降も受け皿を 「行き先がないというのは、親の気持ちを考えると何とかしなくてはいけない課題だ」】の続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2018/11/21(水) 21:02:26.11 ID:CAP_USER9
国立感染症研究所は20日、風疹患者が11日までの1週間で新たに139人報告され、今年に入ってからの累計では2032人になったと発表した。
2000人を超えるのは2013年(1万4344人)以来で、93人だった昨年の約22倍に達している。

都道府県別では、東京が前週から54人増えて716人と最も多い。
次いで、千葉294人(前週比9人増)、神奈川275人(25人増)、埼玉138人(11人増)などとなっている。
関東以外では愛知97人、大阪83人、福岡70人が目立つ。

風疹は、せきやくしゃみなどで感染する。
妊娠初期の女性がかかると、おなかの中の赤ちゃんにもウイルスが感染し、難聴や白内障、心臓病などになる恐れがある。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181120-OYT1T50045.html

【【風疹流行】患者2000人超、昨年の22倍…東京最多】の続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/13(火) 15:01:33.18 ID:CAP_USER9
バスの運転中に運転手が意識を失うケースが相次いでいることを受け、東京都は都営バスの全ての運転手を対象にMRIを使った脳検査を行うことを決定した。

東京都によると、脳検査の対象になるのは都営バスの全ての運転手、2000人余りで、早ければ11月下旬から検査を開始する。

高齢の運転手から優先的に始め、今後、40歳以上は3年に1度、40歳未満は40歳になるまでに1度の検査をすすめる方針。

検査の結果、脳梗塞や脳出血などの異常が見つかれば医師による精密検査などを行い、
乗務に支障が出ると判断されれば事務職などへの配置換えも検討するという。1人当たり約2万円の費用は全額、都が負担する。

http://news.livedoor.com/article/detail/15588677/
2018年11月13日 14時13分 日テレNEWS24

【東京都 都営バス全運転手に脳検査実施へ】の続きを読む

1: みんと ★ 2018/11/09(金) 13:17:42.36 ID:CAP_USER9
iPS細胞 パーキンソン病患者に臨床試験手術 世界初 京大

2018年11月9日 12時52分
NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181109/k10011704551000.html

体が動かなくなる難病のパーキンソン病の患者に、ヒトのiPS細胞から作り出した細胞を脳に移植する臨床試験の手術を、京都大学のグループが世界で初めて実施しました。

現時点で経過は良好だということで、グループは今後、データを集めるなどして、安全性や有効性を確かめたうえで、保険が適用される一般的な治療法にすることを目指すことにしています。

【<京大>iPS細胞 パーキンソン病患者に臨床試験手術を実施 世界初】の続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2018/11/09(金) 08:56:22.59 ID:CAP_USER9
たかが便秘、されど便秘。どう頑張ってみてもどうにもならず、不快な思いをした経験がある人も多いだろう。

植物繊維を摂取してみたりマッサージしてみたりはたまたウナギをお尻に入れるというマネ厳禁な民間療法を試してみたりしてもダメなものはダメ。無理なものは無理。

人生と便秘はかくもままならないものなのだ。

そんな中、便秘がちな人々の間で期待が高まっているのが、以前にカラパイアで紹介した振動タイプの便秘解消カプセルだ。

研究段階から臨床試験へと駒を進めたとのことで、いよいよ商品化に向けての動きも見えてきそうなんだ。

■モーターを埋め込んだ小さな便秘解消カプセル

イスラエル・ヨクネアムにあるバイブラント社が開発を進めている「バイブラント・カプセル(Vibrant capsule)」。

便秘に悩む人々に薬を使わず副作用のない治療を提供する、飲みやすい小さなカプセルだ。

内部にはモーターが埋め込まれており、服用すると6~8時間後に大腸内で振動を始める。

その機械的な刺激が腸のぜん動運動を引き起こし、スムーズな排便を促すというわけだ。

■8割以上の被験者が便秘解消効果を実感

第二相試験では、慢性的な便秘に悩む28人に「バイブラント・カプセル」を7週間服用してもらったそうだ。

すると1週間あたりの自発的排便回数(SBM)が週平均1.6回増加し、8割以上に便秘の症状の緩和が見られたという。

ちなみにカプセルは体内に残らず、排便時に体外に出るそうだよ。商品化の時期等については明らかになっていないけど、これで便秘が解消されるのであればぜひ試してみたいね。

http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/6/9/6978524f.jpg
http://karapaia.com/archives/52267158.html

【【医療】<最先端の便秘治療> モーター内蔵のカプセルを飲みバイブレーターで便意を引き起こす「バイブラント・カプセル」】の続きを読む

このページのトップヘ