ニュースのまとめ情報局

2ch・5chのニュースに関するまとめサイトです

2ch・5chのニュースに関するまとめサイトです

カテゴリ: 芸能

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/30(金) 16:56:11.17 ID:CAP_USER9
15cmはあろうかというキラキララメの厚底ブーツにミニスカートがまぶしく、人形のような色白肌にぱっちりとした目がかわいらしい。

 彼女は20才の人気アイドル・戦慄かなの(20才)。現在は大学生活と芸能活動の二足のわらじで多忙な日々を送る。ハタチになった感想を聞くと、大きな目を見開き、会心の笑顔で答えた。

「やっと保護観察がとれてうれしいです!」

 保護観察? そう、彼女は少年院上がりのアイドルなのだ。

 10月18日、バラエティー番組『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演すると、一気に注目の的となった。少年院出身という異色の経歴に加え、壮絶な半生を淡々と語り、大物相手に物おじもしない。

「相手の人さし指を噛んで性格を当てる」という特技を披露し、マツコ・デラックス(46才)の太い指をガリガリと噛んで、「修羅くぐってる!」と一言。スタジオをあ然とさせた。

11月18日には『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。テリー伊藤(68才)から同じくゲスト出演していた“みちょぱ”こと池田美優(20才)と
「どっちがけんか強いの?」とけしかけられ、「じゃあ楽屋でやり合いますか?」と応戦した。

異色すぎるアイドルの出現は、「あの子、何者!?」「ヤバイ!」「少年院から大学って、どうやって入った?」など世間に大反響が巻き起こっている。

彼女は一体何者なのか。なぜアイドルを志したのか──20才の本音を聞いた。

取材会場に1人で来ると、早口気味に「最近、急に忙しくなって、今日もこのあと別の取材があって…。
せっかく妹と2人暮らしを始めたのに全然家に帰れないんです」と説明し、控え目な笑顔を見せた。そしてその笑顔のまま、両親の離婚、虐待、JKビジネスを語った。

◆母の虐待と飛び降り自殺

生まれは大阪。幼少期に両親は離婚し、母と2才下の妹と3人、東京に移り住んだ。

「小さい頃のことで記憶に残っているのは、母が父に暴力をふるい、血まみれになった父が壊れた家具をガムテープで修復する姿です。
父は優しかったけれど、私が小学校に入ったときに離婚して出て行ってしまった」(かなのさん・以下同)

それまで家事を担っていた父がいなくなり残された姉妹を待っていたのは母からの虐待だった。頻繁な暴力で姉妹のお尻にはミミズ腫れが絶えなかった。

「ある時、母が私たちを置いて恋人と海外に出かけ、1週間家を空けたことがありました。
用意されていた食事は3日でなくなり、水道水で飢えをしのいだこともあります。
ただ、そんな状況でも、当時虐待されているという認識は私にはなかったんです。
母は私を殴っても数時間後には『ごめんね』ってハグしてきたし、普通の母子よりスキンシップは多かったかもしれません」

滑らかな口調が一瞬、淀む。手入れの行き届かない髪に、いつも同じ服装。中学校に入るといじめの標的になった。

「今思えば、毎日の入浴や歯磨き、着替えなど基本的な生活習慣も教えられず、汚く見えていたのだと思います」

中学2年生の時には校舎から飛び降り自殺を図ったが、一命をとりとめた。学業もまったくついていけなかった。

「そもそも勉強のやり方を教えてもらったことがないから、何がわからないのか、わからない。授業中は音楽を聴き、テスト中は問題を見ずに50分ずっと寝てました(笑い)。
だって、見てもわからないことがわかってるから。なぜか国語だけはできたんですが、成績は中学の最後までずっとビリでした」

私立の高校に進学したが、学校にも家庭にも心安らぐ居場所のなかった彼女は犯罪に走った。

http://news.livedoor.com/article/detail/15671887/
2018年11月30日 16時0分 NEWSポストセブン

https://geinou-soul.com/wp-content/uploads/2018/08/55b0c87479ee346a4d191499cfbba407.jpg
https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/a/3/1140/img_a3e13694e94a7c954ba02c02421c69e7169654.jpg

【【芸能】少年院上がり・戦慄かなのが明かす壮絶過去、虐待とJKビジネス】の続きを読む

1: muffin ★ 2018/11/22(木) 11:53:08.76 ID:CAP_USER9
https://sirabee.com/2018/11/22/20161892234/
2018/11/22 10:30

日本を訪れる「マナーの悪い外国人観光客」が増え、周辺住民は辟易しているという。

21日深夜放送『ザワつく! 一茂良純時々ちさ子の会』(テレビ朝日系)では、そういったマナーの悪い外国人観光客について議論。海外渡航経験が豊富な高嶋ちさ子(50)らしい持論に称賛の声が集まっている。

バスケ漫画の金字塔『スラムダンク』(集英社)のモデルとなった聖地、江ノ島電鉄鎌倉高校前駅には世界各国からファンが観光に訪れている。

大勢のファンが殺到、線路に乗り出す、道路の真ん中で写真撮影をするなど、事故に繋がる行為を繰り返し周辺住民は迷惑していると明かされた。

石原良純(56)は「もう一生来ないだろう憧れの地だから、気持ちはわかる」と理解を示しながらも、渋滞や線路内に立ち入る迷惑行為には苦い顔を覗かせる。

この迷惑行為に関して長嶋一茂(52)は「罰金」を提案したが、良純は「払えばいいって人が出てくる」と反論するなど議論は白熱。

日本人も海外に行けば同様に迷惑行為に近いことをしている可能性もある、それを理解しながら3人はさらに議論を交わしていく。

話題が日本の交通ルールを把握せず急増している「沖縄の危険運転外国人」に移ると、「その国のルールがわからないなら乗っちゃダメ、俺は許せない」と一茂は怒りを滲ませた。

続いて中国の通販サイトでニセ免許が販売されているという話題になると、「犯罪。1回も運転したことない可能性もある」と一茂はさらに怒りを爆発させる。

良純は「チケットみたいな気持ちでいるだけ。運転できない人が『免許だぜ』って運転することはないと思う」と語ったが、これに一茂が「それはわからない。不正免許で乗っていいの?」と噛みつく。

この一茂の気迫に押されながら、「容認はしていない。レンタカーを借りる時に厳しく免許をチェックするしかない」と良純は結論付けた。

2人のやり取りを傍観していた高嶋は、観光客が殺到したハワイのビーチの対応策を例に出す。

利用前に30分程度の講習、少しでもビーチが汚れたり1人でもルールを守らなかった場合、ビーチを閉鎖するなど厳格な態度で対処することで、観光客もルールを守るようになったと熱弁する。

これを日本に当てはめ、「中国人が悪いことをすれば、もう中国人は全員運転できませんってことにする」と持論を展開した。

最後に高嶋は「こんなにきちっとしてる国はない。言えないけど時々『鎖国したい』って思う」と語りだす。

良純も「海外によく行っている人はみんなそう言う」と共感。高嶋は「私は(海外に)行ってるからわかるの」と鎖国案を強く主張した。

【高嶋ちさ子、マナーの悪い外国人観光客に嘆き 「鎖国したい」】の続きを読む

1: かばほ~るφ ★ 2018/11/21(水) 18:41:04.37 ID:CAP_USER9
「山口達也が収録してる!」写真とともに怪情報流れる 実際には...
2018/11/21 18:08

2018年4月に発覚した女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検(後に不起訴処分)され、5月にジャニーズ事務所を退所した、元TOKIOの山口達也さん(46)について、「ロケを行っている」との怪情報がネット上で拡散中だ。

情報が広がり始めたのは11月20日の昼頃。
ツイッター上でジャニーズについてのまとめサイトを紹介する形で、
「山口達也の収録姿が目撃され...年明けにはTOKIO復活が濃厚!!!!!!!!?」との文言を添えたツイートが発生。
同様の文言のツイートはほかのアカウントからも出され、情報が拡散した。

■「年明けの特番の撮影が濃厚...」といったブログが拡散

当該のまとめサイトには、山口さんが収録を行っている最中とする画像が貼り付けられているほか、

「元TOKIOの山口達也が撮影をしていた姿を目撃したという書き込みがネットで話題になっているけど...
遂に復活が現実的になってきたという事?」
「今の時期の撮影となれば年明けの特番の撮影が濃厚...」

などといった文言がちりばめられている。なお、貼り付けられてる写真は、胸に「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)のロゴ入りシャツを着た、山口さんとみられる人物が、路上でロケ班に囲まれている様子が写っているものだ。

その後も情報は拡散を続け、当該まとめサイトの情報を丸写ししたとみられる別のサイトも登場。
先述のものとは別の写真を貼り付けて、同様の文言で山口さんが収録をしているのではとする内容を伝えている。
なお、こちらの写真については山口さんらしき姿は確認できず、ロケ班を遠目に写したものだ。

■「元ネタ」を探してみると...

しかし、21日になると、これらのツイートやまとめページに対し、「偽物だ」とするツイートも併せて拡散。
根拠として挙げられているのは、当該画像はネット上で以前から流れているものだとする声だ。

J-CASTニュ-ス編集部が11月21日、出所とされるブログを確認したところ、07年3月30日付の投稿に行きついた。
そこには、冒頭のサイトで「山口達也の収録姿」とされたものと同一の写真が載せられている。
また、このブログの写真には、「3月26日(月)」との表記があるポスターが写り込んでいるものもある。
2018年の3月26日は確かに月曜日だったが、山口さんの退所前であり、「復帰のためのロケ」だとすると矛盾が生じる。
2007年の3月26日(こちらも月曜日)と考える方が腑に落ちる。

ロケ班を遠目に撮った写真にも、「元ネタ」が見つかった。こちらは大分市内でのロケをサポートする
「大分市ロケーションオフィス」のスタッフブログに上げられていたもの。
確かに「鉄腕DASH」のロケ班が、地元のお菓子「やせうま」を作ったようだが、ブログの投稿日は10年5月13日だった。

山口さんをめぐっては、ジャニーズ事務所退所後も復帰を願う声がネット上で根強い。
今回の「騒動」は、そんな願いが生み出した幻だったのかもしれない。

J-CASTニュース https://www.j-cast.com/2018/11/21344293.html

【「山口達也が収録してる!」写真とともに怪情報流れる 実際には…】の続きを読む

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/11/21(水) 12:33:13.87 ID:CAP_USER9
2018.11.20
https://biz-journal.jp/i/amp/gj/2018/11/post_8641.html
https://biz-journal.jp/images/zetubou0316.jpg

 歌手の谷村新司が「一家離散」の危機だという。
 
 詳細は21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)を御覧いただきたいが、谷村が甘やかしてきた長男が数年前、所属事務所の「女子トイレを複数回盗撮」したことが発覚、その後絶縁し、息子の嫁や孫にも手を差し伸べなかったことや、歌手である長女の詩織とも関係が希薄になったこと、そして谷村が心酔する「謎の人物」についても語られている。

 フォークグループ「アリス」のリーダーとして絶大な知名度を有する谷村。現在でも精力的な音楽活動で知られているが、その裏では家族問題で悩んでいたようだ。

「富豪ということで、息子を相当甘やかしていたようですね。そんな中でトイレ盗撮ですから、完全なドラ息子なのは間違いないですが......。

女優の三田佳子の次男で、9月に覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕された高橋祐也の件もありましたが、特に金銭的に甘やかされた子どもが道を踏み外す典型です。『これだから2世は......』という世間の声がまた聞こえてきそうですね」(記者)

 有名タレント2世の醜聞というのは枚挙に暇がないが、今回クローズアップされているのは、息子のみならず谷村自身にも向けられている。

 紹介されている谷村が心酔するという人物はスピリチュアルな力を有しているようだが、以前から谷村はそうした発言をする機会があった。

「2014年の自著『谷村新司の不思議すぎる話』(マガジンハウス)では霊的な話が多く出てきます。代表曲『昴』が『プレアデス星団からのメッセージをキャッチして書いた詞』とも。これには困惑したファンも多かったようですね。よく勉強もしていたようです。
もともとそうした"素養"があった上、スピリチュアルに強い人物と知り合えばそれは仲良くなってしまうというものでしょう。そうしたつながりは深くなりがちですから」(同)

 常人の及ばない世界に行ってしまった印象の谷村。家族もそれはついていけない?

【谷村新司…「謎のスピリチュアル」傾倒、息子は「トイレ盗撮」で一家離散間際か】の続きを読む

1: Egg ★ 2018/11/20(火) 18:22:05.94 ID:CAP_USER9
 厚生労働省の発表によれば、パワハラの相談件数はここ10年増え続けているとか。だが、ここまで酷いケースは、そうそうお目にかかれるものではない。

【動画】凄絶な鍋ハラ
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/11201700/?all=1&page=2

 雑誌『Popteen』の元モデルなどが所属する東京・渋谷区の芸能プロダクションが主催した忘年会で、そのパワハラは起こった。“加害者”は当時25歳の芸能プロ社長で、“被害者”は当時23歳の従業員。2015年12月20日の出来事である。

 本誌(「週刊新潮」)が入手した動画に映っていたのは、頭を押さえられた従業員が、しゃぶしゃぶ鍋に顔をつけられるという、衝撃の様子だ。もちろん、コンロの火はついたまま。女性の悲鳴がひびき、苦悶の表情を浮かべた従業員はのけぞる……。

 後遺症の残る可能性がある熱傷を負った従業員は、“社長からの日常的なパワハラで精神的に追い詰められていた”と当時を振り返る。

「“クライアントさんもいるんだから面白いことやれ。鍋に頭、突っ込めよ”と囃されて……」

 一方の社長は取材に対し、“悪ふざけだった”旨を文書で回答。従業員は刑事告訴も検討しているという。11月21日発売の週刊新潮で詳しく報じると共に、現在デイリー新潮にてパワハラ動画を公開中である。

「週刊新潮」2018年11月29日号 掲載

11/20(火) 17:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181120-00552042-shincho-ent

【<衝撃>煮えたぎる鍋に部下の顔を…>「芸能プロ社長」凄絶パワハラ動画!週刊新潮が入手!】の続きを読む

1: muffin ★ 2018/11/20(火) 12:37:50.67 ID:CAP_USER9
https://www.asagei.com/excerpt/116295
2018年11月20日 11:10

 11月18日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)や「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、韓国アイドルグループ・BTS(防弾少年団)の原爆Tシャツ問題が取り上げられた。番組で松本人志は、BTSに苦言を呈したという。
中略

 そんな中、マツコ・デラックスが、過去のバラエティ番組にて韓国人に言い放った言葉が、ふたたび注目を集めているという。

 「過去、アジア人が集まって様々なテーマを議論するバラエティ番組『なかよしテレビ』(フジテレビ系)で、韓国人が『日本の芸能界は草野球レベル、韓国の芸能界はプロ野球レベル』と、日本のエンタメを小バカにした発言をした時のこと。出演者のマツコはその意見に対し『K-POPとか見てるとアメリカのパクリにしか見えない』『アメリカの模造品をやってキャーキャー言われるのが世界の市場だと思われているんでしたら、それで結構ですけど』と反論したことがあります。

 さらに韓国の文化を日本が受け入れていることについても『ありがとうって言われても、文句は言われる筋合いはねぇんだよ!これだけ懐の深い国がどこにあるんだよ!イヤだったら出てけ!受け入れてやってんだよこっちは!』と大激怒。この発言が、今になって『マツコの言う通り!』と、ネット民の間で話題となっているようです」(前出・テレビ誌記者)

 マツコはBTSについて批判したわけではないのだが、それがK-POPへの辛辣な意見だったことで、今回の騒動とともに拡散されているようだ。

【BTS“原爆Tシャツ”問題でマツコの「イヤなら日本から出てけ」発言が再燃】の続きを読む

1: muffin ★ 2018/11/20(火) 00:32:03.96 ID:CAP_USER9
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1685815/
2018/11/20 00:00

「今回の騒動で、いちばんの“被害者”は宮川さんですよ。彼は祭り企画への思い入れが非常に強く『今の自分があるのもすべて“お祭り男”のおかげだ』と思っていました。番組を信じて頑張ってきただけに『裏切られた』という思いが強いようです」(事務所関係者)

2週連続で『週刊文春』が報じた、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のやらせ疑惑。宮川大輔(46)の担当する企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」のうち今年5月の橋祭りと17年2月のカリフラワー祭りがデッチ上げだったと報じている。報道を受け、日本テレビの高橋好男社長が11月15日に謝罪会見を開き、企画の休止を発表。同企画のあった番組の平均視聴率は20%前後と高く、番組史上最高視聴率を獲得したのも同企画。そんな人気企画だけに、番組もとくに力を入れていたようだ。

「プライム枠でも1,000万~2,000万円が相場となっている、緊縮予算のご時世。そんななか、『イッテQ!』の予算は異例の5,000万円といわれています。いっぽうで出演者のギャラは比較的安かった。出演交渉をする際も『うちは視聴率20%なんだよ』と、高視聴率を笠に着ていたそうです。そうした横柄な態度が、今回の不祥事を招いたのではないでしょうか」(前出・事務所関係者)

そんな番組の姿勢に、かねてから宮川は疑問を感じていたという。
「現地の人たちは基本的にエキストラだったわけですから、異様にテンションが高い。ロケの最中、宮川さんはお祭りの参加者たちを見て『なんでこんなに人多いん?』『テンション高すぎひん?』と、漏らしていたといいます。さらに、現地の人が領収書のような書類にサインする場面を目撃してしまったのだとか。その際も宮川さんはスタッフに『あれなんなん?』と追及したそうです」(番組関係者)

あまりにも不自然すぎる光景。堪りかねた宮川がこんな指摘をしたことも――。

「それでも、スタッフはやらせを認めるわけにはいきません。この手の番組はタレントのリアクションが命ですから、やらせだとバレないようにずっと言い訳をしてきたといいます。宮川さんは半信半疑の状態で『これ、祭りちゃうやん!?』とツッコんでいたそうです。とはいえスタッフとは11年もの付き合い。『嘘をつくはずがない』と宮川さんは彼らを信じていたのに……」(前出・番組関係者)

やらせ発覚直後の11月11日放送回の視聴率は16.6%。過去4週で最低だった。

「不祥事が起こると注目が集まり視聴率は維持できるかもしれませんが、一時的なもの。これからは一気に番組離れが進んでいくでしょう。いま日テレがもっとも恐れているのは、やらせ疑惑がほかの企画にも波及してしまうこと。最悪、番組が打ち切りになってしまう可能性もあり、そうなれば、何10億円もの損失が出てしまう。そうならないために、日テレは祭り企画を休止して早々に“火消し”をしようと必死なんです」(テレビ局関係者)

気になるのは宮川の今後だが、ネット上には視聴者からの同情の声が殺到している。冠企画がなくなったことで、宮川の降板も心配されているが――。

「当初、宮川さんは祭り企画への強い思い入れから、『この企画がなくなるなら、番組を降ります!』とスタッフに伝えたそうです。でも、実際になくなってしまったいま、宮川さんは『お世話になった番組のためにどうにかしなければ』と考え直したと聞きました」(前出・番組関係者)

宮川の「アカーン」という的を射たツッコミを、封印してしまった日テレの罪は重い。

【宮川大輔、イッテQ現場で疑問吐露「これ、祭りちゃうやん!?」】の続きを読む

1: ストラト ★ 2018/11/15(木) 17:46:14.22 ID:CAP_USER9
日本テレビの大久保好男社長が15日、都内で、自身が会長を兼務する日本民間放送連盟(民放連)の定例会長会見に出席。
やらせ疑惑が報じられた同局の人気バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜、後7・58)の祭り企画について、「お詫び申し上げます」と謝罪。
疑惑問題について現在調査中とし、「当面、お祭り企画は中止といたします」と企画の休止を発表した。
一方で、やらせの意図は「まったくありませんでした」と強調した。

会見で、「多くの関係者の皆様にお詫び申し上げます」と謝罪した大久保社長は、お笑い芸人・宮川大輔が海外の祭りに実際に参加する体当たり企画について、「イッテQという番組は、ロケ先やスタジオで起きたことをありのままに伝え、ありのままに見せることを大切にしてきた番組であります」と主張しつつ、「ただ、今回の報道各社のご指摘、ご批判を受けて、改めて見直して見ますと、番組の制作陣が祭りの企画の解釈を拡大しすぎて、視聴者の皆様が祭りという名前でイメージするには無理があるものまで祭りとして扱ってしまった」と無理が生じていたと語った。

また、8日に日本テレビが出した「(祭りの)セットなどを設置した事実はなく、番組から参加者に賞金を渡した事実も御座いません」という見解について、「橋祭り」については「ロケに協力してもらう点もありますので、コーディネーター会社を通じて賞金、謝礼などを支払っているとのことでした」と修正。
「番組というのを日本テレビのプロデューサーやディレクターなど狭く限定した表現であって、これは誤りです。現地のコーディネーターは外部の人とはいえ、我々の大切な協力者であり、番組の成立に不可欠な存在です。番組サイドの方であることに間違いありません」と撤回した。

「橋祭り」以外の他のお祭りの企画について、どうだったのかは調査中とした。

今回の問題については、8日発売の週刊文春が5月20日に放送されたラオスでの「橋祭り」でのやらせ(でっちあげ)疑惑を報じ、15日の同誌が再び、2月12日に放送されたタイでの「カリフラワー祭り」もでっちあげだったと報道。
一部ではさらに別のロケでもやらせ疑惑が指摘されており、波紋が広がっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000085-dal-ent

「イッテQ!」でっちあげ騒動を謝罪をした民放連会長で日本テレビの大久保好男社長
http://i.daily.jp/gossip/2018/11/15/Images/d_11822625.jpg

【【やらせ疑惑】「イッテQ!」お祭り企画休止を日テレ社長が発表、謝罪 謝礼も認める】の続きを読む

1: 動物園 ★ 2018/11/15(木) 15:46:19.91 ID:CAP_USER9
11/15(木) 14:00配信

2年連続で大みそかのNHK「紅白歌合戦」出場が決定したガールズグループ「TWICE」。「防弾少年団」の”原爆Tシャツ”問題で、K-POPグループの出場がゼロになるのでは、との声も挙がっていただけに、「TWICE出場」のニュースはK-POPファンをひと安心させていた。

 そんな矢先、「TWICE」メンバーのダヒョン(20)が過去、慰安婦を支援するブランドのTシャツを着用していたことがわかり、物議を醸している。

 問題となっているTシャツは「MARYMOND」というブランドが製作したもの。韓国メディアによると、元慰安婦を後援する社会的企業で、これまでにも多くの韓国芸能人が同企業の製品を身につけて公の場に登場しているという。

 今回、「TWICE」メンバーがこのTシャツを着用する写真が拡散したことで、再びネット上では様々な意見が寄せられている。その中には「ダヒョンが着用した意図はわからないが、日本人(メンバー)と仕事をしている中で堂々とカメラがある場所で身につけるのは…」と理解に苦しむファンも少なくない。

 日韓メンバーが在籍し”日韓のかけ橋”ともいえるグループ。それだけに、今後の影響が懸念される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000037-wow-asent

【紅白出場のTWICE、慰安婦支援Tシャツ着用が発覚し物議… 原爆BTSに続き非難殺到か】の続きを読む

1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/11/15(木) 06:48:09.51 ID:CAP_USER9
 日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜・後7時58分)の人気コーナー「祭り企画」が「やらせ疑惑」などと報じられている問題で、レギュラー出演陣が12日に収録を行い、番組内で騒動についてコメントしていることが14日、スポーツ報知の取材で分かった。

 11日のオンエアでは疑惑に触れることはなかったが、18日の放送ではなんらかの謝罪がなされるとみられる。関係者によると、祭り企画は当面、新作の収録は行わないようだ。

 また、15日発売の「週刊文春」は、昨年2月に放送されたタイの「カリフラワー祭り」について、でっち上げがあったなどと報じている。タイで行われた年に一度のカリフラワー収穫の祭りは存在せず、同所のスポーツ交流大会での野菜収穫競争として撮影の申請がされていたなどと報道。この企画のコーディネート会社は、8日発売の「文春」が報じたラオスの橋祭りと同じM社であるなどとした。

 同局広報部はこれらの疑惑について、スポーツ報知の取材に書面で回答。番組の意向でM社が主催者に祭り企画の提案をしたケースや、M社に支払った撮影経費の中から出演者に協力費などが支払われていたことなどを認め、「コーディネート会社との長年にわたる協力関係に甘え、企画についての確認が不十分なまま放送に至ったことについて、当社に責任があると考えております」とコメントした。また、同広報部は「やらせとの認識はない」としている。

 関係者によると、月末にも放送倫理・番組向上機構(BPO)に詳細な報告書を提出し、判断を仰ぐ考えだ。

11/15(木) 6:05配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000002-sph-ent

【日本テレビ「イッテQ」18日放送で謝罪へ 祭り企画が当面自粛も】の続きを読む

このページのトップヘ